では次に、湿原とはどのようなものかを紹介します。

  <湿原とは>

   河川や湖沼、海岸に土砂がたまって、そこから植物が生えた
   地域のことをいいます。
   中でも、泥炭地のうえにできたところを指すこともあります。

 ※泥炭地とは・・・枯れた植物たちがたまっていって、分解されずに
           炭化してできたところ。スポンジのようにフカフカで、
           水をたっぷり含む。  
  <湿地と湿原の違いは?>

  ●湿地とは・・・(自然にできたもの) 湿原、湖沼、川、干潟、マングローブ
                        ツンドラ、サンゴ礁など
         ・・・(人がつくったもの) ダム湖、水田など

  このように、湿地とは、湿原など、湿った場所全般のことを言います。