湿原の基礎: 湿原の広さ  
湿原の広さ

湿原を含む湿地の広さは、国土地理院の調査によると平成12年現在、全国で820.97km2であり、北海道の湿地面積は、708.67km2となっています。湿地の殆ど(86%)が北海道に存在しています。一方大正時代までさかのぼると、湿地の面積は、全国で2110.62km2、北海道で1771.99km2となっており、昔も今も湿地の殆どが北海道に存在することがわかります。

 

湿地の広さは、国土地理院の調査によると平成12年現在、全国で820.97km2であり、北海道の湿地面積は、708.67km2となっています。湿地の殆ど(86%)が北海道に存在しています。一方大正時代までさかのぼると、湿地の面積は、全国で2110.62km2、北海道で1771.99km2となっており、昔も今も湿地の殆どが北海道に存在することがわかります。


全国の湿地の中で最も広い湿地は釧路湿原で、その面積は大正時代には251.46km2、1997年には203.66km2となっており、約19%減少しています(環境省自然環境情報図;湿原南西部、大楽毛周辺は計測結果に含まれていません)。

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る
メインコンテンツ
 
環境省 釧路自然環境事務所 〒085-8639 釧路市幸町10-3 釧路地方合同庁舎4階
TEL:0154-32-7500 FAX:0154-32-7575 E-Mail:NCO-KUSHIRO@env.go.jp(@を半角に変換してお送りください)
 
 
COPYRIGHT 2005 環境省 このサイト内の文章・画像の著作権はそれぞれの作成者に帰属します。無断利用を禁じます。