2 河川環境の保全・再生

この施策では、湿原への土砂・水の供給を適正にするために、河川環境を再生します。また、湿原と一体化した豊かな河川生態系の保全と景観の復元を図ります。

(1) 現況と課題

 これまでに釧路川では、蛇行した河川を直線化するなどの河川改修が実施され(図5-6)、河川の氾濫が減少するとともに、地下水位を低下させて新たな土地の利用が可能となるなど、流域の土地利用は進みました。

 一方で、治水・利水重視の河川の整備は、河川の持つ多様な機能を低下させ、周辺の環境を巻き込みつつ河川環境に以下のような大きな変化を及ぼしました。

  • ・淵や瀬、中州の減少などによる生物の生息環境の単純化
  • ・河床や氾濫原の攪乱頻度の変化に伴う生物の生息環境の変化
  • ・地下水位の低下に伴う周辺の土地の乾燥化などの植生の変化
  • ・河川の掃流力の変化などに伴う流入土砂・栄養塩の増加

(2) 本施策において達成すべき目標、目指す状態(成果目標)

 以下の4 つの目標ごとに具体的な施策を展開します。

  1. 良好な環境を有している河川が維持されるように保全します。
  2. 湿原への負荷を軽減し、河川の生態系を保全するために、河川本来のダイナミズム(自然の川の攪乱・更新システム)を回復・復元します。
  3. 河川生態系を代表する野生生物を保全するために、河畔林・氾濫原、淵・瀬など多様な環境を復元・修復します。
  4. 生物の移動の阻害を解消するために、河川の上流から下流に至る連続性(縦断的連続性)や河岸から河道に至る連続性(横断的連続性)を保ちます。
(3) 実施すべき内容・手法(行為目標)
  1. [氷イ粉超を有している河川の保全
    • ・現存する自然蛇行河川と氾濫原の保全策を実施する
    • ・河川に特有の野生生物の保全策を実施する
  2. 河川本来のダイナミズムの回復・復元
    • ・蛇行した河川形状を復元する
    • ・川の自然状態の氾濫状況を復元する → 1 湿原再生、4 水循環再生と連携
  3. 2枠蔑咾覆病人佑粉超の復元・修復
    • ・河畔林の復元・修復を進める
    • ・河道の変化を許容できるように可能な箇所は河川周辺に余裕を持たせる
  4. げ論遒力続性の復元・修復
    • ・魚道の設置やダムのスリット化などによって、移動の阻害を解消する
    • ・護岸の改良や流路変動を許容する管理によって、氾濫原と河川の間の連続性を確保する
(4) 成果の評価項目・評価手法の例
  1. [氷イ粉超を有している河川の保全
    • ・以下の評価項目を参照

  2. 河川本来のダイナミズムの回復・復元
    • ・氾濫面積、冠水頻度、地下水位動態(目標となるモデルとの比較)
    • ・水理諸量(河川の形状、流速、水深など)や底質などの物理環境の復元状況(目標となるモデルとの比較)
  3. 2枠蔑咾覆病人佑粉超の復元・修復
    • ・河川指標種・希少種の個体数減少の防止・分布面積の安定化(対象種の分布状況
  4. げ論遒力続性の復元・修復
    • ・移動性通過魚類(サケマス類)の分布・採餌環境の量
    • ・下流部に位置する湿原への土砂流入の減少

<<もどる   「はじめに」にもどる   すすむ>>



メインコンテンツ
 
環境省 釧路自然環境事務所 〒085-8639 釧路市幸町10-3 釧路地方合同庁舎4階
TEL:0154-32-7500 FAX:0154-32-7575 E-Mail:NCO-KUSHIRO@env.go.jp(@を半角に変換してお送りください)
 
 
COPYRIGHT 2005 環境省 このサイト内の文章・画像の著作権はそれぞれの作成者に帰属します。無断利用を禁じます。