Web GISで湿原を見る: 6000年前および現在の海面位置の比較  
6000年前および現在の海面位置の比較 (釧路湿原は昔海だった)
※「WebGISでみる」(地理院地図版除く)は1280×1024以下の解像度のディスプレイで閲覧してください
解説

釧路湿原は約6000年前に起こった気温の上昇に伴う海面上昇(海進)により、現在の湿原域は海に覆われていました。その後海進は停滞、徐々に海水は引いていき、約3000年にはほぼ現在の釧路湿原に近い輪郭が現れました。 この海進の停滞とともに、湿生植物が繁茂、その遺体が泥炭として堆積し、さらに水深が浅くなり、湿原が形成されていったのです。海が内陸部にまで達していたことは「宮島岬」等の地名が象徴する地形から、また「塘路湖」などの海跡湖に名残が見られます。

出典

凡例名(非表示) 出典タイトル 出典元
自然地名(点) 国土数値情報 国土地理院
自然地名(名)
釧路湿原 国土数値情報 国土地理院
現在の海面位置 自然環境情報図 環境省
6000年前の海面位置 自然環境情報図 環境省
衛星画像(ランドサット) - LANDSAT

 

メニューに戻る | 次のメニュー:釧路湿原の保全・保護

メインコンテンツ
 
環境省 釧路自然環境事務所 〒085-8639 釧路市幸町10-3 釧路地方合同庁舎4階
TEL:0154-32-7500 FAX:0154-32-7575 E-Mail:NCO-KUSHIRO@env.go.jp(@を半角に変換してお送りください)
 
 
COPYRIGHT 2005 環境省 このサイト内の文章・画像の著作権はそれぞれの作成者に帰属します。無断利用を禁じます。