Web GISで湿原を見る: 釧路湿原の保全・保護  
釧路湿原の保全・保護
※「WebGISでみる」(地理院地図版除く)は1280×1024以下の解像度のディスプレイで閲覧してください
解説

釧路湿原地域において、当初その存在が注目されたのは「タンチョウの生息地」としての位置付けでした. タンチョウの保護活動は昭和初期から脈々と行われており、昭和33年には特設鳥獣保護区が設けられるまでになります。 湿原そのものを保護しようという動きは昭和40年代後半に起こり、昭和55年にわが国最初のラムサール条約登録湿地として指定(のち平成元年及び11年にその指定区域が拡大)、昭和62年には全国28番目の国立公園に指定されるに到ります。

出典

凡例名(非表示) 出典タイトル 出典元
主要駅 国土数値情報 国土地理院
(主要駅名)
線路 国土数値情報 国土地理院
湿原地名 国土数値情報 国土地理院
(湿原地名)
湖沼 国土数値情報 国土地理院
ラムサール登録湿地 自然環境情報図 環境省
国設鳥獣保護区 国土数値情報 国土地理院
釧路湿原国立公園 北海道環境研作成データ 北海道
釧路湿原 国土数値情報 国土地理院
衛星画像(ランドサット) - LANDSAT

 

前のメニュー:6000年前および現在の海面位置の比較 | メニューに戻る | 次のメニュー:釧路湿原自然再生事業予定地

メインコンテンツ
 
環境省 釧路自然環境事務所 〒085-8639 釧路市幸町10-3 釧路地方合同庁舎4階
TEL:0154-32-7500 FAX:0154-32-7575 E-Mail:NCO-KUSHIRO@env.go.jp(@を半角に変換してお送りください)
 
 
COPYRIGHT 2005 環境省 このサイト内の文章・画像の著作権はそれぞれの作成者に帰属します。無断利用を禁じます。