Web GISで湿原を見る: 減少する釧路湿原  
減少する釧路湿原
※「WebGISでみる」(地理院地図版除く)は1280×1024以下の解像度のディスプレイで閲覧してください
解説

現在の釧路湿原はおよそ2万haの面積を有します. しかし1950年当時、その面積は2,2万ha, 大正期には2.5万haの面積が釧路湿原として存在していました. これは大正期に比較するとおよそ2割の湿原面積が消滅したことになります。 この面積変化は人為的要因によるところが大きく、湿原への河川流入部(土砂流入等増加による乾燥化・植生の変化)や湿原南部の釧路市街域(排水促進による宅地造成等)での湿原減少が顕著です。

出典

凡例名 出典タイトル 出典元
自然地名 国土数値情報 国土地理院
(自然地名)
駅名 国土数値情報 国土地理院
(駅名)
湿原域1997年頃) 国土数値情報 国土地理院
湿原域1920年頃 自然環境情報図 環境省
衛星画像(ランドサット) - LANDSAT

 

前のメニュー:釧路湿原自然再生事業予定地 | メニューに戻る | 次のメニュー:湿原及びその周辺の植生

メインコンテンツ
 
環境省 釧路自然環境事務所 〒085-8639 釧路市幸町10-3 釧路地方合同庁舎4階
TEL:0154-32-7500 FAX:0154-32-7575 E-Mail:NCO-KUSHIRO@env.go.jp(@を半角に変換してお送りください)
 
 
COPYRIGHT 2005 環境省 このサイト内の文章・画像の著作権はそれぞれの作成者に帰属します。無断利用を禁じます。